光目覚まし時計で早起きができる!?

早起きができる光り目覚まし時計

大音量の目覚まし時計でも朝起きられない。とある調査では、10人に1人が朝すっきり起きられないことで悩んでいるそうです。朝、すっきりと目覚めるためには、良い睡眠をとる工夫とプラスアルファで、光を用いた目覚まし時計により脳を目覚めさせると効果的です。

 

ただ、問題はどの光り目覚まし時計を選べばいいのか…。安いモノから高いモノまでいろいろあってよくわかりませんよね。

 

そこで、当サイトでは、ネットの口コミ、評価なども参考にしながら、わたしが参考文献をよみあさり、効果が期待できる光めざしを格付けました。光目覚まし時計は安さより効果で選ぶべきです。

 

光目覚まし時計選びに迷っている方の助けになれば幸いです。

 

光目覚まし時計を選ぶポイントは?

照度は最低で2,500ルクス以上の明るさであること

体内時計をリセットさせ目覚めさせるのには、光源から30㎝の距離で最低でも2,500ルクスは必要です。
参考までに、店内があかるいコンビニエンスストアの照度は1,500ルクスです。

 

 

価格よりも効果を重視

光マざまし時計は、安いモノだと数千円程度のものからありますが、ライトアップ機能はおまけにすぎなベッドサイドランプレベルのものもあります。当サイトで紹介している光り目覚ましは高価格なものですが、使用日数や使用頻度で割ると、とてもコストパフォーマンスにすぐれています。つまり費用対効果が高くなるということです。

 

紫外線をカットしていること

直接、光源をみるわけではありませんが、30㎝という至近距離で光を浴びますので、紫外線を含まない光目覚まし時計がよいでしょう。

 

 

 

早起きができる 光目覚まし時計ランキング

 

早起きができる光り目覚まし時計

ブライトアップ・クロックⅡの発光面照度は約30,000ルクス。30㎝の距離で、3,000ルクス。(前機種光源ブライトアップクロックは30㎝の距離で2500ルクス)は特殊な蛍光管です。ブルーライトがおさえられ紫外線はゼロなので、目にとてもやさしいのが特徴。また、LEDにくらべ広範囲に明るく、色の見え方も自然です。インバーター内蔵でちらつきもないため目が疲れにくく読書にも使用できます。 ランプの寿命は、1,000時間。1,000時間使用するとフロントパネルにランプ交換の表示が点滅して知らせてくれるしくみ。 プリウェイクという機能があり、目覚まし時間の90分前にライトを短時間点灯しレム睡眠を誘発し、目覚めるときにレム睡眠からスッキリと起きられるようにしてくれます。
価格 評価 備考
21,384円 評価5 送料無料、故障などの保証期間は1年間
ブライトアップクロックⅡの総評
30㎝の距離で3,000ルクスの明るさを維持し、広範囲に明るいのがポイントです。その分、多少場所を取ります。ブルーライトや紫外線カットで安全ですし、プリウェイク機能が付いているのもいいですね。蛍光管なので、LEDにくらべて寿命が短いですが、一日中、点灯するわけではないので長持ちするでしょう。交換用の専用蛍光管は2本で2,700円です。

早起きができる光り目覚まし時計

inti SQUARE(インティ スクエア)の発光面照度は20,000ルクスです。30㎝の距離で3,500ルクスあります。光源はLEDですが、ほとんど紫外線を出さないタイプの光です。やや照射範囲がせまいのとチラツキがありますが、LEDの交換をする必要がなく電気代も安いです。何よりも、iPhone6と変わらない小型・軽量で壁にかけて使用することもできるなど置き場所を選ばびません。
価格 評価 備考
25,800円 評価4 (税込・送料無料)全額返金保証(3ヶ月間)
inti SQUARE(インティ スクエア)の総評
明るさは3,500ルクスで、光源のLEDの交換が不要というところがいいですね。LEDなので、多少ちらつきがありますが、小型なので手にとって時間調整などできます。となりで寝ている人をおこさない範囲で、照射してくれるのもポイントが高いです。3ヶ月間使用して、万が一効果を感じられない場合は全額返金保証もついているので安心です。